Loading...

パーパス浸透に向けた「各種取組み」

イラスト
  • 【1】経営層による発信
  • 【2】各職場での取組みとその支援策
  • 【3】浸透の測定

SOMPOのパーパスDays

櫻田グループCEOとの対話を通じて、
会社や個人のパーパス/ミッションを考える

2021年度に定めた「SOMPOのパーパス」をテーマに、櫻田グループCEOによるタウンホールミーティングを開催しました(9~ 11月・全7回)。ファシリテーターとして企業文化変革のプロフェッショナルである富岡洋平氏(株式会社THINK AND DIALOGUE CEO)を招き、櫻田グループCEOと社員代表パネリストの皆さんによる熱い対談が繰り広げられました。

※タウンホールミーティング…
さまざまなテーマについて経営層と社員が直接対話する場のことをいいます。

SOMPOのパーパスDaysの内容構成

前半

櫻田グループCEOによるお話

CEOご自身のMYパーパスや原体験、SOMPOのパーパスへと続く想いをお話しいただきました。

後半

櫻田グループCEOと
社員代表パネリストの皆さんとの対話

  • パーパスとは何? なぜ、必要なのか。
  • SOMPOのパーパス実現のために必要なことはなんなのか。
  • 櫻田CEOはどのように自分自身のパーパスと向き合ったのか。
  • SOMPOのパーパス実現に向けて具体的に何に取り組めばよいのか。

グループ横断・チャットを活用した
全員参加型のオンラインイベント

タウンホールミーティングではグループ30社から視聴者が参加。櫻田グループCEOやファシリテーターの富岡洋平氏からの問いかけに対して毎回500件以上のチャットが入るなど、大変盛り上がりました。

ふきだし

参加者の声(視聴後アンケートより)

MYパーパスが何かを理解し、
持ちたいと思いましたか?
MYパーパスについて考え
(書き出し)、その実現に向けて
取り組んでいきたいと思いますか?
  • 今回、「SOMPOのパーパスとは」がメインと思っていましたが、そもそも「自分自身のパーパスが大切」なのだ、というお話で目からウロコでした。MYパーパスを見つめなおして自分自身がすべきこと、できることを考えていきたいです。(担当者)

  • トップの飾らないありのままのメッセージに大変感銘を受けました。現場を預かる身として、改めて自らの言葉で分かりやすく語る重要性を認識しました。(課長)

  • 一人ひとりのパーパスは異なっていて当然であり、むしろ異なることが望ましいというD&I(特にインクルージョン)の価値観を、頭で理解するだけでなく、血肉に刻むことが必要だと思います。(課長)

  • 中身が濃く幅広い層に受け止められる内容の濃いタウンホールミーティングでした。今般の企画を基に自部署、自身の振り返りを徹底的に行い、不易流行を常に心に留めることでMYパーパスを実現させたいと考えます。(課長)

MYパーパス1on1

セルフ・ドリブンな企業文化への変革を目指し、オンラインでのマネジメント研修を開始しました。一人ひとりが自身のパーパスと向き合うことを1on1を通じて支援し(MYパーパス1on1)、自律的な働き方を実践していきます。

オンラインで研修を受講する様子

「SOMPO流 MYパーパス1on1」
@オンライン

  • オンライン上でMYパーパスと向き合う1on1を実践する。
  • 効果的な質問によりMYパーパスと深く向き合う機会となり、未来の可能性を切り開く。
  • 対話により新たなチャレンジが生まれ、セルフ・ドリブンな状態へ変革する。
  • チームメンバー間でもMYパーパスを語り合うことで、セルフ・ドリブンなチーム・組織を作る。